IMG_8911
WZR−1750DHPの交換品で届いたWXR−1750DHP2を早速セットアップしました。といってもUSB端子が1つになっただけで特に変更点はありません。

□関連ページ
FullSizeRender
パッケージ
IMG_8899
付属品

FullSizeRender
本体の通気口にはフィルムが貼ってありました。
透明のフィルムなので気付きにくいです。

剥がさないといけないものなのでわかりやすくしてほしいですね。

IMG_8902
一周ぐるっと剥がします。

IMG_8904
アンテナを3本取り付けます。

IMG_8905
スタンドを取り付けます。まえのWZR−1750DHP2は横置きもできましたが、こちらは縦置きのみになっています。

IMG_8906
背面。上部にスイッチが2つ、その下は4つのポートにWAN端子、USB3.0端子、ON・OFFボタン、電源端子があります。

FullSizeRender
設置して電源を入れました。

設定は以前のルーターと同じなので特に迷うことはありません。SSIDを書いたシートがスタンドに内蔵できなくなったのは残念。

FullSizeRender
正面にはAOSS/WPSボタンの下に4つのLEDがあります。WZR−1750DHP2は通信の度にLEDが明滅していましたが、基本常時点灯になりました。色も白のみで落ち着いた感がありますね。


IMG_8908
アンテナの間には通気口

IMG_8912
とりあえず広げてセッティング。アンテナのセッティングガイドもあるのでそれを使って部屋に電波がとどきやすくできます。

前のWZR−1750DHP2は内蔵アンテナだったのでセッティングは不要でした。デザインは内蔵の方がいいですが、利便性では外付けですね。

□まとめ
WZR-1750DHP2がベタベタになり交換となったのですが、宅配業者がその場で回収してしまったので、無線LAN設定の引き継ぎが出来なかったのは残念でした。

それ以外は同じバッファローの製品ですし、ルーターのセッティング画面も同じなので迷うことはありませんでした。

まずはルーターのパスワードを変更したあとファームウエアのバージョンアップをしました。

USB端子は工場出荷段階では2.0設定になっていましたので3.0モードに変更。前のルーターにつないでいたHDD2台もそのまま繋ぎ直せば簡単に認識しました。

あとは、マイクラの自宅サーバー用にIPの固定とポート解放の設定もして完了です。

エリアが広くなったかどうかはわかりませんが、使いにくくなったことは無いので良いかなと思います。



□購入