IMG_9433
SoundPEATS Truefreeが届きましたので早速レビュー!(QCY T1と同型です)

音質も思いのほかよく、簡単に両耳ステレオ、片耳モノラルが使い分けられ、かなりコスパ高い完全ワイヤレスイヤホンでした!

□パッケージ
IMG_9415
パッケージ表
IMG_9416
パッケージ裏
IMG_9418
蓋をあけると本体。
IMG_9419
トレー下に付属品。
IMG_9421
イヤーピースは本体付属のものと合わせて4種。
充電ケーブル、説明書が同梱


□AirPodsと比較
FullSizeRender
長男が持っているAirPodsと比較。ケースはTruefree の方が大きいですが軽いです。

ちなみにAirPodsケースは38gでTruefreeケースは28gです。

FullSizeRender
本体は形状の違いがあるので何ともですが同じぐらいでしょうか。

イヤホンの重量はAirPodsが4g、Truefree が4.7gとやや重め。

ケースとイヤホン合わせるとAirPods がら46g、Truefree が37gです。

AirPodsは非防水ですがTruefree はIPX4防滴仕様です。

□本体
FullSizeRender
蓋は無いのですが、イヤホンは磁力で固定されていて指をしっかりいれて取らないと取り出せないので落ちる心配はなさそうです。

FullSizeRender
イヤホンにSoundPEATSのロゴ。ロゴの部分がボタンになっています。タッチパネルでは無いので押し込む必要があります。

タッチでは無いので装着した状態ではボタンを押すと耳に食い込むので使いにくいです。

ケースにもイヤホンにもLRの刻印が無いのは残念。充電端子がある方が正面にみるようにしてLRを判断します。

FullSizeRender

マイクはLR両方にあります。


□ペアリング
IMG_9433
初回はケースから取り出せばペアリングモードになります。

iPhoneでは設定>Bluetoothのメニューでペアリングできます。

FullSizeRender
右耳から接続します。

FullSizeRender
右耳を戻して、左耳を取り出しペアリング。

FullSizeRender
ケースから右耳、左耳の順に取り出すと右側のみが接続され、左耳は右側と自動でペアリングされステレオ接続になります。

FullSizeRender
逆に左耳、右耳の順に取り出すとそれぞれ片耳接続になります。

左耳はまず右耳とのペアリングを試みるようで片耳だけ接続するのにはやや時間がかかります。

もちろん片側だけ取り出せば片耳だけ接続になります。

FullSizeRender
両方片耳接続するとミュージックとかだと右耳か左耳かを選べます。

取り出す順番だけでペアリングモードが変わってかなり良いですね。

□充電
FullSizeRender
ケースとイヤホンに金属の接点が有ります。

IMG_9432
ケースに戻すと電源が切れて赤いLEDが点いて充電されます。白いLEDになれば完了。その後LEDがオフになります。

IMG_9429
ケースはmicroUSBで充電出来ます。緑のLEDが点きます。新しい製品なのでTypeCが良かったかなぁ。

まあ、コストを考えると仕方ないですかね。

イヤホンの連続再生時間は約4時間。
ケースは5回のフル充電ができるので合計20時間の使用が可能です。


□音質
音量は接続端末側でコントロールするしかありません。比較的大きめの音で設定されている気がします。

音質は良いと思います。低音がガリガリに出ることはないですが充分です。高音はしっかりと出て抜けも良くスッキリして非常に聴きやすいです。

□音切れ
AirPodなどとは違い左右の接続もBluetoothで行われているはずですが、最新のBluetooth5.0の恩恵か私の頭が電波を通しやすいからかw音切れは今のところしていません。

□音の遅延
iPhoneとはAACで接続される為か動画見てても違和感はありません。

□マルチペアリング/マルチポイント
説明書をみると通話中にケータイの音声が切り替えられるようなのでマルチポイントに対応していてそうです。

今度、確認してみます。

□まとめ
完全ワイヤレスイヤホンは初めてですが、満足です。ケーブルがないと言うのは煩わしさがなくて良いですねぇ。

ケースから取り出せば電源オン、戻せばオフも便利。蓋もないので最小の動作で使えます。

心配していた音切れも無く、音質も外で使うことを考えれば充分以上でした。

イヤホンも軽くつけ心地もよく、落ちそうな感じもありません。

片耳モードも良いですね。自転車や車など外の音を確実に拾いたいときには最適です。片耳ヘッドセットの様に使えます。

何より左右どちらも片耳で使えるのが良いです。

唯一の欠点は本体のボタンがタッチパネルではない事で装着したままの操作がしにくいことですね。

ま、コスト考えると仕方ないですね。今までも基本本体で操作しでしたし。音楽聴くときも聞き流しが基本なので操作しないですから。

AirPodsは約18,000円で、Truefree は3980円と1/4以下の価格です。完全ワイヤレスなら誰もが満足できると思います!

QCY T1なら今はAmazonで1000円引きなので、Truefreeの1000台限定の1000円割引に間に合わなかった方はそちらでも良いかと思います。

□関連ページ

□購入
同型機のQCY T1