IMG_3707
Google home miniを購入してから、スマート電球Hueなど着々と揃えていってるのですが、今回はスマートプラグ WiFi スマートコンセント TECKINを購入しました。

スマートプラグはコンセントに差し込むと電源の入切をスマホやスマートスピーカーからコントロール出来るようになります。

□パッケージ
IMG_3677
白くクールなパッケージ

IMG_3678
4つもスマートプラグがはいってます。

□本体
IMG_3679
Google home miniと比較。
他のスマートプラグは四角いものが多いので丸いデザインは良いですよね。

IMG_3680
高さはこんな感じ。

IMG_3698
コンセントに挿してみるとこんな感じ。残念ながら丸いが故に、2つ挿すことは出来ません。

□設定
FullSizeRender


設定にはSmart Lifeアプリをインストールします。



IMG_3699
4つコンセントを個別にオンオフ、まとめてオンオフする事も自在に可能です。

□スマートスピーカー連携
Google home や Amazon Alexaに対応しています。Apple Homeはどうなんでしょう?

ハブなしで連携できるようです。

また、時間のある時に調べて試してみたいと思います。

□まとめ
ハンダゴテとか、グルーガンとか手が離せない作業をしている時に声でオンオフできるのは便利。

クリスマスツリーもコンセントでオンオフできるので声でオンオフできると雰囲気を崩さずカッコよく点灯できるかも。

あとは、ホットカーペットですね。コントローラーが端にあって操作しづらいことが多いのでスマホや音声でコントロールできるとかなり便利そう。冬場になったら試してみたいです。

夏場なら蚊取り器ですね。蚊を発見したら全部屋一気にオン!なんて便利すぎます。

コンセント抜くと操作がリセットされる機器は最近はほとんどなのですが、少なくとも電源を切る事が出来ることは出来るので省エネ対策に導入するのは有効ですね。

我が家でも、いつも消すのをつい忘れてしまう扇風機に付けました。

外出したらどっちかわかんなくてもとりあえずオフにしておけばいいのですから便利です。

アプリを入れてリンクするだけで使えるようになるので操作性は問題ないかと思います。

欲を言えば消費電力がスマホで確認できたら使っているかどうかがわかってよいかなと思います。そういうスマートプラグもあります。

今回購入したスマートプラグの一番のポイントはデザインですね。ほかのスマートプラグは横長の四角か長楕円のものがほとんどであまりスマートではありませんし。

コンセントに2個刺せなくても円筒型のスマートプラグの方がデザインはスマートで馴染みやすいと感じました。

また、4個で5000円以下とリーズナブルなのもいいですね。1個、2個、3個でも売ってはいるのでご自身の使い方に応じて購入されてはと思います。


□購入


電力量をモニタリング出来るスマートコンセント