Lenovo IdeaPad MIIX 310用のガラスフィルムを購入しました。知らないメーカーの製品でしたが、ジャストサイズで透明度が高くエッジ部もラウンド加工で装着しやすくとてもいい製品でした。 
□パッケージ
パッケージをチェック
no title
パッケージはガラスフィルムを保護するために薄いながらもハードカバーの本のようにしっかりとしています。



開封しました。袋に包まれたガラスフィルムと貼り付け用のグッズが入ったインストーラーションセットが入っています。

左側には装着手順が記載。

□ガラスフィルム装着手順


MIIX 310に貼り付けていきます。




ガラスフィルムを取り出します。



手順に書いてある手順通りに進めます。
日本語がちょっと変ですがまあ、ご愛嬌でしょう。

イラストがスマホになっているのは残念。



インストレーションセットの中身。
アルコールペーパー、スーパーファイバー布、埃取りシール、固定シール、青いシートの用途は不明。



MIIX 310に保護フィルム側を下にしてガラスフィルムを重ねます。位置を確認したら付属のシールで長辺側のみを3箇所固定。(固定したときの画像は撮影忘れ)



片側を固定した保護フィルムを開いて、MIIX 310の液晶画面をアルコールペーパーで皮脂などの汚れを取り除き、スーパーファイバーの布で仕上げます。

付属のシールで表面に残った埃を丁寧に取り除きます。埃が見えなくても全面満遍なくペタペタした方が良いですね。埃をいかに取り除くかが仕上げに差が出る部分です。

その後、開いていたガラスフィルムの保護フィルムを剥がして慎重にMIIX 310の上に置いていきます。最初にシールで位置を決めているので位置合わせは簡単でした。

気泡も軽く布で外側に押し出すようにすれば簡単に抜けました。



エッジ部の拡大。

ジャストサイズなので隙間もほとんどなく装着しているのかほとんど分からないぐらいです。

ラウンド加工がされていて指が引っかからないようになっています。


 インカメラ部分も切り欠きが無いのも、フィルムの装着感が無いのに貢献していますね。

no title

透明度も高く、装着前後で液晶の見た目は変わっていません。タッチ操作の反応も変わらず、指の滑りもいいです。

□まとめ
MIIX 310自体はキーボードがついた2in1なのであまりタッチ操作はしないのですが、やはり触っていると汚れますし、閉じたときにキーボードと当たって液晶に傷が付くことは避けられないのでのフィルムは貼っておいた方がいいかなと思い購入。

ガラスフィルムですがiPhoneのように種類があるわけではないので、普通の保護フィルムか、ガラスフィルムかを考えるだけですね。

自分がガラスフィルムを選んだのは硬度と高い透明度ですね。高い透明度のお陰でインサイドカメラの部分に切り欠きが不要で画面全体を覆うことが出来ます。

装着に必要なグッズは完全に揃っていますし、シール固定で位置ズレも少なく装着出来ました。気泡も簡単に取り除くことができ10インチという大きい画面にも関わらずとても楽でした。

隙間もほとんどなく、エッジ部もラウンド加工されており、装着したことを忘れるぐらい見た目も使い勝手も変わらず満足。

間違いなくオススメのガラスフィルムですね。
トラックパッドの保護フィルム