IMG_2220
ゲーセンで頑張って取ったラジコンヘリがあまりに操作が難しく子供の心が折れたので、オートホバリング機能がついたラジコンヘリ イージーヘリカルを購入しました。

オートホバリングだけでなくジャイロがついているので子供(小学生)でも簡単にコントロールできて大満足でした。
□パッケージ
IMG_2238
中身の見えるパッケージ。簡単に飛ばせることが強調されてます。

□開封
IMG_2185
内箱にしっかり固定されています。

IMG_2184
底面には予備パーツと充電ケーブル。

IMG_2239
ヘリは箱に固定されているので裏側のパーツを回してロックを解除します。

収納時にも使うので取っておきます。

IMG_2188
羽根はプラスチックプレートで保護された上に箱にテープで固定されているので外します。

IMG_2189
プロポ(コントローラー)もテープでガチガチに固定されていて、外すのに苦労しました。

これだけ固定されてれば輸送時に壊れることはないでしょうw


IMG_2191
同梱物。

IMG_2192
説明書の畳まれ方が雑...。

□本体
IMG_2358
本体。ブルーの機体が美しいです。
カラーバリエーションも欲しい。

IMG_2198
プロペラは折り畳まれます。


IMG_2360
プロペラは上下に2段あります。

それぞれ逆に回転することで通常尾翼につくテイルローターなしでも機体が回転しません。低価格のラジコンヘリだとほぼこのタイプですね。

上下の回転数をずらすことで機体の向けを変えることができます。

IMG_2195
尾翼に上方に向いたテールローター。

このローターによって機体を前後に傾けて前後進させます。

本物のヘリコプターだとメインプロペラの軸を傾けて前後左右に進むのですが小さいラジコンでは難しいのでこのような機構になっているようです。

ゲーセンなどのラジコンヘリだと前後を自由に移動することさえ出来ませんので自在に操作する上では重要なパーツです。


IMG_2197
後部。メインフレームは金属で頑丈に出来ています。

IMG_2194
右側面にはオンオフスイッチとLED。

IMG_2193
左側面には充電端子とLED。

IMG_2361
底面。機種先端にもLED。

合計5つものLEDがあります。

IMG_2200
プロポ。低価格のラジコンヘリでは赤外線ですがイージーヘリカルでは2.4GHzの電波でコントロールします。

機体にプロポを向け続ける必要が無いので操作しやすいですね。

IMG_2201
左のレバーは上下、右のレバーは前後と左右回転が操作できます。右レバー下には上下プロペラの回転数を調整し回転を安定させるトリムボタンがあります。

IMG_2202
右上には本機最大の特徴の離陸/着陸ボタンがあります。

ボタンを一度押すだけで飛び立ちホバリングして一定の高さを保持してくれます。

□充電など
IMG_2199
充電は付属のUSBケーブルで行います。パソコンでと説明書には記載がありますがモバイルバッテリーで充電可能です。

ただ、2.1Aには対応してなさそうなので1.0A出力のものを使用した方が良さそうです。

充電中はケーブルのLEDが点灯します。
約40分の充電で約5分の飛行が出来ます。

IMG_2204
プロポは単3が6本必要です。エネループでも動作しました。

□飛行準備(ペアリング)

電源を入れたら必ず最初にペアリング作業が必要です。

IMG_2219
ヘリの方のスイッチを入れると前のLEDが点灯し、側面のLEDが赤く点滅します。

FullSizeRender
続いてプロポの電源を入れて、左側のレバーを上、下の順に動かすとビープ音がなりペアリングがされます。

IMG_2363

ペアリングできると側面のLEDは赤青交互に点滅します。

IMG_2202
あとは右上の離陸/着陸ボタンを押せば、

FullSizeRender
プロペラが自動で回り始め、1m〜1.5m程上昇したあとホバリングして空中で静止します。

FullSizeRender
後は自由に操作します!

上下に前後、左右と3次元でコントロールできるのでラジコンカーとは違った楽しさがあります。

万が一、ぶつかったりして墜落したりしたら離陸/着陸ボタンを長押しでプロペラの回転を強制的に止めることができます。

□動画
我が子(小学5年)に操作して貰って撮影しました。

離陸から前後左右回転上下、着陸と簡単に操作出来ていることが分かって頂けると思います。

□機能
高さをコントロールするセンサーは気圧センサーです。昔のラジコンヘリは赤外線センサーだったので床の色で高さが変わる難しさがあったのですが、それもなく家庭でも楽しめます。

プロポとラジコンヘリとの通信は2.4GHzの無線。こちらもテレビなどと同じ赤外線がよく使われているのですがこちらは無線なのでヘリに照準を合わせなくても操作できます。

□前後進の調整方法
実は購入直後に飛ばしたところホバリングが安定せず後退していきました。レバーを前進にしても後退するレベルでコントロールが難しい状態でした。

プロポに調整機能はないし不良か?!

と思いましたが簡単に調整できました。

FullSizeRender
スキッドがネジで固定されているのでこれを緩めて前後に動かし重心を(後退するなら前に)調整してホバリングで空中で静止できる位置に固定します。

□まとめ
ゲーセンのラジコンヘリってとったことがある人は分かると思いますが、何が難しいって安定したホバリングなんです。

同じ高さに動かずに静止するってめちゃくちゃ大変。その上で左右に回転させるなんて大人でも至難の業なのです。

イージーヘリカルはそのホバリングをボタン一つで出来てしまうので、他の操作を単純に楽しめるんです。

姿勢を安定させるジャイロもついていることも一躍買ってます。

もちろん、小学生の息子でも簡単にコントロールできました。

価格は5000円程度ですが、自動ホバリングのついてこの価格ならすぐに長く遊べますしコストパフォーマンスはカナリ高いと思います。

□購入
イージーヘリカル
シー・シー・ピー
2017-08-05