IMG_0823
DELL XPS 13に続いてXPS 13 2in1もモニター出来ることになりましたのでレビューをお届けしたいと思います。

デルアンバサダープログラムに参加しています。

ちなみにカメラがベゼル上部に移動した新モデルではなく、一つ前のモデル「XPS 13 2-in-1 プラチナハイエンド QHD+タッチパネル」です。


□パッケージ
IMG_0627
パッケージ

IMG_0628
本体が目一杯あるのはトレンドですね。

IMG_0629
説明書

IMG_0630
天板にはDELLのロゴ

IMG_0632
底面には高性能の証 XPS ロゴ。
XPS13と違って底面に排気口がないです。

IMG_0633
スタンダードなノートパソコンスタイル

IMG_0634
反転してテントモード
IMG_0875
完全に裏返してタブレットモード

IMG_0636
フルフラット

FullSizeRender
側面は矢のようなデザイン。

IMG_0638
キーボード
6段になっています。右側はやや狭いキーになっえますがオーソドックスな配列で使いやすいです。

FullSizeRender
側面の端子など。タブレットスタイルを考慮してか、電源ボタンも側面に。

フルサイズUSBはなく、Type-Cのみ。どちらでも充電できるのは便利。

IMG_0651
付属品。ACアダプター、フルサイズUSB変換ケーブル、タッチペンが付属。

Windows Ink対応のペンが付属するのが2in1ならではですね。

コンセントケーブルがスマートでないのはXPSの残念なところ。

IMG_0652
充電は左右のThunderboltでどちらでも。

IMG_0667
充電中は正面のLEDも点灯。

IMG_0647
初期設定をして起動。XPS 13はcinema液晶で低反射でしたが2in1は光沢液晶。低反射の方がいいかなぁ。

□まとめ
まずはDell XPS13 2in1の本体をチェックしてみました。

基本のスタイルはXPS13と同じですが2in1ゆえにヒンジが360度回転タイプになっていてフルフラットやタブレット、テントスタイルも取れるなど自由度が高いのが最大の利点ですね。

タブレットで活用できるよう、Windows ink対応のタッチペンが付いているので、手書きしたい方にはこちらがいいでしょうね。

逆に2in1になっても犠牲になっているものはほぼなく、機能が追加されているので手書きをしたいかタブレットで使うシーンがあるかで判断する感じですかね。


□購入