IMG_6280
自動車だけでなく、自転車にも気軽に使いたくワイヤレスで使える充電式電動エアーコンプレッサーをJanGoo 電動エアコンプレッサーを購入しました。

やっぱりコードレスは便利です。
□パッケージ
IMG_6078
収納ケースとしても使えそうなしっかりしたパッケージ。

IMG_6088
もちほん、収納袋も入ってます。

IMG_5950
同梱品。日本語の説明書とACアダプターと自転車やボール向けなどの様々なアタッチメントが付属。

□操作部
IMG_6090
トリガーの上にはロックスイッチがあります。
充電式なのでロックがあると安心。

IMG_6096
操作時には高輝度のLEDが点灯するので夜間でも使いやすいです。

IMG_6113
背面に液晶があり内圧を指定できます。

Rボタンで使いたい単位を選んで+-で調整します。

□充電
IMG_6077
通常のコンセントから充電します。シガーソケットからは充電できません。充電完了すると緑色にLED点灯します。

直接シガーソケットから使えるアダプターも欲しかったかも。まあ、シガーソケットコンセント変換器も持っているので大丈夫ですが。

2200mhAのバッテリーを搭載しており車で約30分使えます。日々の空気圧調整なら充分な時間ですね。

□自動車
IMG_6099
エアホース(黄色のアタッチメント付)を接続して、ロック付きのエアホースを繋ぎます。

ちょうど、涼しくなり内圧が下がってきていたので補充しました。

抜き差しするときにやや抜けるので規定内圧より10kPaほど高めに設定して入れるとちょうど良い感じです。

装着してから入れたい内圧に設定してからトリガーを引きます。カチッとなるとコンプレッサーが作動して空気が入っていきます。トリガーは引きっぱなしにしなくても良いので楽です。

規定の内圧になったら自動でとまります。電源も自動で20秒ほど無操作で勝手に切れます。

IMG_6278
妻のステラ。前後とも240kPa。

IMG_6277
私のエクシーガ 前250kPa/後240kPa。

FullSizeRender
エクシーガのTPMSもちゃんと規定内圧表示になりました。1kPa =0.01Bar

□自転車
IMG_6100
自転車の場合はロック付きのエアホースの先端に取り付け。

IMG_6276
自転車の場合はタイヤ側面に規定内圧が書いてあります。自動車より高くて300kPa前後が多いようです。

面倒で体力を消費する手動ポンプを使わなくていいのはとても楽。

□まとめ
シガーソケットで使うタイプの電動エアーコンプレッサーを持っていたのですが、下記の理由でとても使いにくいと感じていました。

・エンジンを掛けたまま使わないといけない
・ケーブルが邪魔
・自転車に使う時も車がいる

そこで、この充電式の電動エアーコンプレッサーを見つけたので購入しました。

使い方は簡単で

・家庭用コンセントで充電
・入れたい内圧に変更
・トリガーを引いてエアー充填

トリガーを引いている間だけ空気が入るので安全です。トリガーを引いていても指定内圧になれば止まります。

日々の調整なら入れている時間は短くしんどくはありません。

高圧の空気入れるのでコンプレッサーの音がうるさいのは仕方ないでしょう。

アタッチメントも多彩で自動車や自転車だけでなく浮輪やボール、キャンプでのエアーベッドなどにも使えます。

指定内圧が無い物でもトリガー式なのでエアーの入り具合を見ながら調節出来るのは便利です。

自動車以外も使うなら家庭用コンセントで充電できるタイプがオススメです。

何にせよコードレスはさっと出してさっと使えるので良いですよ。

車で充電する時はシガーソケットからコンセントに変更する機器も持っていれば大丈夫です。

□動画
動作音が確認できます。

□購入