IMG_4169
先日購入したスマートウォッチで通知の便利さに触れて欲がでてしまい、1.3インチ画面を備える大画面タイプのスマートウォッチ Y13 Semiroを購入してみました。
□パッケージ
IMG_4120

□本体
IMG_4099
液晶には保護フィルムがありますので剥がします

IMG_4109
ベゼルは金属感に欠けややチープな感じ。

FullSizeRender
ベルトは裏側のツマミをずらせば工具なしで簡単に外せます

IMG_4142
付属のケーブルを裏側にくっ付けることで充電できます。マグネットが仕込まれているので位置や向きを間違えることはありません。

□コントロールアプリ
FullSizeRender

このスマートウォッチを使うにはH Bandというアプリが必要です。

FullSizeRender

初回は、メールアドレスと登録したいパスワードを入力ひてサインインを選択します。

2回目以降はログインを使います。

FullSizeRender
あとは画面に従って設定をしていきます。肌の色の設定があるのはビックリ。

なにか違うんですかね?

IMG_4088
ヘルスケアとも連携しておきます。


FullSizeRender
スマートウォッチと接続します。Bluetoothで接続するのであらかじめオンにしておき、デバイス選択からy13を選びペアリングします。

FullSizeRender
詳細ボタンで設定が出来ます。

FullSizeRender
通知をスマホから受け取るには、メッセージアラートを選びます。主要なアプリの通知があります。

一番下の「他」を選ぶとスマホに来る通知を全部受け取れます。これは有り難いですね。

IMG_4140
いちいち、スマホを見なくても冒頭のメッセージは読めるので緊急要件かどうかは充分に分かります。

液晶が大きい上に文字が大きめなのは小さい文字が見えなくなってきた私には有り難いです。

いや、文字が小さくても一覧性を重視!という方にも対応できるよう文字サイズが変えられるとより良いですね。


FullSizeRender
腕を回す設定は画面のオンオフを腕の回転で制御する機能です。寝ている時は画面を付けたくないとか時間で制御できます。

腕の回転から画面が着くまで少しタイムラグがありますが許容範囲かな。

前回レビューしたスマートウォッチは結構待たせる感があったので性能差が出やすいのかも。

IMG_4170
文字盤スタイルは5種類用意されています。
全てデジタル時計タイプなので、アナログ時計タイプも欲しいもころ。

デフォルトのみ歩数が確認できます。

IMG_4172
メイン画面の下には活動の履歴が追えます。
スマートウォッチ側でも確認できます。
心拍数は履歴も見れます。

□その他機能
IMG_4125
炎天下での視認性はマズマズ。輝度は変更できますが最大にしても見やすいといえるまでは明るくなりません、


意外と便利なのが撮影機能。リモコンシャッターとして使えます。


その他、携帯をバイブさせて探す機能やストップウォッチ機能もあります。

□バッテリー
液晶が大きい為か、ブレスレットタイプに比べるとバッテリーは持たない印象。毎日とは言いませんが数日に一度は充電が必要な感じです。

□まとめ
4000円前後のスマートウォッチは沢山ありますが、ベースとなっているものはそれ程多くはないようですね。

コントロールアプリに関してもある程度集約されていると思います。H Bandが使えるスマートウオッチならば比較的使いやすいのではないでしょうか?

日本語がおかしいのはご愛嬌ですが意味はわかるので使えないことは無いかと思います。

本体に関しては液晶が大きく、通知の文字も大きめなので操作しやすいと思います。

ボタン類はタッチセンサーが一箇所のみでタッチパネルでは無いので出来ることは限られますが歩数、心拍数、血圧、睡眠を管理することと通知を見る用途であれば充分実用的だと思います。

会議などでスマホがあまり見れない時などスマートウォッチがあれば便利なのでオススメします。



□購入