IMG_3564
iPhone 8/X以降からQi対応になりましたし、Qi対応のSoundpeats Trueshift を持っていることもあり、Qiを使いたくなりiPhone 7 PlusをQi対応にするレシーバーカードワイヤレス充電器を先行投資的に購入してしまいました。
□パッケージ
IMG_3519
シンプルなパウチパッケージ

IMG_3549
手紙の中に入ってました。薄さのアピールかな。

FullSizeRender
ワイヤレス充電器のパッケージ。白ベースの明るい箱です。

IMG_3562
USB TYPE Cケーブルが付属。表面は木目で滑りにくい加工がされています。裏面は冷却用なのかスリットがあります。

□レシーバー
FullSizeRender
iPhone 7 Plusのケースを外してレシーバーを付けます


FullSizeRender
Lightning端子に差し込み、ケースを付けることで固定します。

FullSizeRender
コイルのデザインが見えてしまうのでクリアケースはあんまり良くないですね。

FullSizeRender
出っ張りは殆どなく、全く気になりません

□充電
FullSizeRender
早速充電。載せるだけでいいので楽ですね。
5コイルある為、Trueshiftと同時に充電できました。

QCに対応しているので充電は早いです。

充電器は充電中は緑のLEDが点灯し、充電が終わると点滅します。

□まとめ
Qiは一度使うとやめられないですね。

ケーブルを抜き挿しすることから解放されるので、手間だけでなくケーブルの寿命も長くなるしiPhoneならMFi認証ケーブルすらいらなくなるわけで意外とコスパいいかもしれません。

自動改札も券を入れるからタッチするに変わっただけでかなり便利になりましたもの。

ただ、Qiレシーバー使ってしまうと、Lightning端子が埋まってしまうので、モバイルバッテリーや仕事場の充電器もQi対応にしないと不便という...。

とりあえず

Qi対応のモバイルバッテリー買うかなぁ〜



□購入
Qi充電器
Qi対応の完全ワイヤレスイヤホン