6542c233.jpg
0fd3da13.jpg

購入した「Nakamichi 24K 金メッキ バナナプラグ 8本セット」ですが、早速「ONKYO INTEC 275 M9MDX」に付属の「モンスターケーブル XPHP」に取り付けました。取り付けはネジを占めるだけの簡単な作業。さっそく音を聴いてみると、取り付け前よりも太くしっかりとした音に変わり大満足です。

df2a2fe1.jpg

パッケージは特になくチャック袋に8本のプラグが入っているだけでした。

33a300bf.jpg

裏側はこんな感じでバーコードが貼り付けられています。

ad9c707f.jpg

赤と黒でNakamichiのロゴが印刷されています。

519d62f8.jpg

まずは、カバーの部分とバナナプラグの中身をねじって外します。その後、バナナプラグにあるネジをドライバーで外します。

3dc3c3e7.jpg

あとは、ケーブルの先端を新たに剥いて端子かぶせてネジ止めしてカバーをかぶせれば終了。とっても簡単です。ただ、根本に隙間ができるのでここはビニールテープを巻いて補強しておきました。こうすることで断線などを予防できます。

自己融着テープのテープを使うと絶縁もできますし粘着剤がないので時間がたっても汚くならないのでオススメです。くれぐれもプラス・マイナスは間違えないように取り付けます。

1b3cc575.jpg
4445cd71.jpg

取り付け前の状態。どちらも直接端子にねじ込んで固定していました。ケーブルの先端が露出しています。

6542c233.jpg
0fd3da13.jpg

こちらがバナナプラグを取り付けたあとの状態。しっかりと差し込めますし、プラス・マイナスも間違えずに取り付けられるのでセッティング変更も楽になります。

□まとめ
オーディオのマニアの方々から言えば、接触部分はできる限り少なくするほうがよく、このようなバナナプラグを通すより直接端子にとりつけた方がよいとの記事もよく見ますが、私的の考えとしては、先端が露出して腐食するよりもバナナプラグで保護して且つ端子と確実に接続できた方が長い間、音楽を安定して楽しめると思います。また、スピーカーもしくはアンプを交換してもその都度ケーブルの被覆を剥いてというような作業も不必要ですしね。

この「Nakamichi 24K 金メッキ バナナプラグ 8本セット」は8本も入って2,000円しないのでちょっとした、アップグレードに最適じゃないでしょうか?もちろん、もう少し確実に接続したいんだという方には、約2倍の価格になりますが、AudioTechnicaのならAT6302をおすすめします。