image1.png

AppleMusicが始まりましたが、3ヶ月の無料期間もあってお試ししている人も多いかと思いますが、AppleMusicにない曲はCDから自分のライブラリーに追加することもあると思います。でも、標準設定のままだとiTunesには取り込めてもiPhoneやiPod、iPad等の端末データ(My music)は更新されません。端末側のデータに取り込んだCDを反映させる方法をご紹介です。

まず、なぜAppleMusicを利用すると端末データが更新されなくなるかですが、AppleMusicを利用すると端末側は自動的にiCloudミュージックライブラリーが自動的にONになります。これが要因。

iCloudミュージックライブラリーは、もともとは手持ちの曲をすべてiCloudというネット上のサーバーに保存しておき端末にデータを保存しなくてもインターネットにさえつながっていれば、手持ちの全部の曲を聴けるというものです。

これにAppleMusicもiCloudミュージックライブラリーの中の一つに加わったということですね。

iCloudミュージックライブラリーを真に利用しようとすると、手持ちの曲を全部iCloudにアップロードしないといけなくなります。
iCloudミュージックライブラリー利用中はiTunesにiPhoneを接続してもとミュージックは直接同期してくれず、アップロードされたあとにインターネットからストリーミングやダウンロードする必要があります。

最初は何GB、何十GBなんて容量をアップロードする必要があるので時間はかかります。
借りてきたCDをすぐ聞きたいのに、そんなん待てるか!!というわけです。

では、購入したCDを自分の端末にすぐに取り込むにはどうするのか?

やり方は、簡単です。

  1. CDをiTunesに取り込む
  2. iPhoneなどの端末でAppleMusicやiCloudミュージックライブラリーを一時的にオフ
  3. iTunesの設定でもAppleMusicやiCloudミュージックライブラリーを一時的にオフ
  4. iTunesとiPhoneなどの端末を同期
  5. iPhoneとiTunesのAppleMusic、iCloudミュージックライブラリーの設定を戻す。

以上です。一時的にオフしてもAppleMusicの契約が解除になるわけではないので問題ありません。
オフにしている間は、いままでどおりiPhoneの同期画面にミュージックの項目が現れます。

同期したあとは元にもどしておけば今まで通りAppleMusicは使えるようになります。

b989c371.png

一時的にAppleMusicをオフ

f40fd94b.png

iCloudをオンにする時に結合するか置き換えるかのメッセージがでますが、AppleMusicやiCloudはお試しだ!という人は結合を選んでおいた方が無難です。端末の音楽データ容量を減らしたいというひとは置き換えを選ぶと全部クラウド管理になりますがインターネット接続中しか全ライブラリーが聴けなくなります。

□リンク
YouTubeのチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/user/bluemeteor555/
Instagram
https://www.instagram.com/blue_meteor555/
Twitter
https://mobile.twitter.com/blue_meteor555