2a9d16af.jpg
MARUTOが使っているSoftBank 815Tで撮影した画像データをPCに吸い上げるために、USBケーブルで接続してみました。 方法ですが、まず最初にUSBホストドライバーなるものを815Tを接続する前にインストールしておく必要があります。USBホストドライバーは付属のCD-ROMに入っていますのでそこからインストールするか、下記リンク先よりダウンロードしてインストールします。 「My Mobile V2」「USBホストドライバー」for Toshiba (試供品) 無料ダウンロード
Usb_03
インストール時の注意にも書いてありますが、Windowsの注意メッセージが頻繁に終わったと思っても次々に表示されます(Windows2000の場合はそうでもないですが)がどんどん実行していきましょう。Windowsのテストを通していないだけで、東芝が作ったちゃんとしたソフトですから信用して大丈夫です。 ホストドライバーなどの一連インストールが終了したら、SoftBank 815Tのメインメニューの「設定」を選びます。
e88663f0.jpg
次に「外部接続」を選びます。
7b90ffc6.jpg
次に「データ転送」を選びます。
7515c362.jpg
USBケーブルでSoftBank 815TとPCを繋ぎます。
2a9d16af.jpg
新しいハードウェアを認識しましたというようなメッセージがでてウィザードが立ち上がるので「いいえ、今回は接続しません」を選択し、次へをクリックします。
8d0dbff7.gif
「ソフトウェアを自動的にインストールする(推奨)」を選択し次へをクリックするとインストールが始まります。終了すれば、マイコンピューター上に815Tに装着しているメモリーカードがリムーバブルディスクとしてが表示されるようになります。
00601cdc.gif
あとは通常のディスクと同様に扱うことができます。815Tのデジカメ撮影モードで取った画像は「DCIM」フォルダの下のフォルダに格納されていますのでそのフォルダを開いて画像をPCにコピーすればOKです。 マニュアルでの操作が面倒だ、スケジュールなどPCと同期させたいという方は下記リンクより「My Mobile V2」をダウンロードしてインストールすると良いと思います。 「My Mobile V2」「USBホストドライバー」for Toshiba (試供品) 無料ダウンロード 「My Mobile V2」については時間があればダウンロードして試してみたいと思います。おそらくシャープ製でいうところの「ハンドセットマネージャー」に相当するツールなのでしょう。 接続に使用したUSBケーブルは、Vodafone 905SH、705SH用として購入してた「RYUDO充電機能付USB通信ケーブル」です。ケーブルを差し込む向きが905SHや705SHと上下逆ですが、ケーブル自体は問題なく815Tでも使用できます(動作確認機種にも含まれて居ます)。 このレビューの評価をする(みんぽす) 【SoftBank】 - Google 検索