ターマックラリーのドイツの次はグラベルラリーのニュージーランドです。昨年は独走状態にあったS.ローブが怪我で欠場しここからM.グロンホルムが怒涛の追い上げを見せましたが今年はそのM.グロンホルムが8ptsリードして迎えます。 ニュージーランドのグラベルは滑りやすい上に路面の中央がかなり盛り上がる独特の形状でライン取りを少し間違えるとあっという間にコースオフとなってしまう難しいコースです。 日本と時差がほとんどない為ラリー結果が日中にわかるので盛り上がります。 優勝候補はM.グロンホルムとS.ローブ。今年はフォードがグラベルで強いのでマーカスが有利でしょうか。
スバルも少しは期待出来るかも知れませんがこれまでP.ソルベルグは結果を残せていないだけに厳しい気が、チーム内にある不協和音を払拭する為にも優勝争いに加わる走りを見せて欲しいです。 むしろ、スバルはC.アトキンソンが期待できますね。地元オーストラリアの隣の国でグラベルの質は比較的似ていますから優勝争いに加わりそうです。