2009年までスバルと契約の残っていたWRC2003チャンピオン、ペター・ソルベルグですが自由に他メーカーの車に乗れるようになったようです。 C.アトキンソンはすでにシトロエンジュニアチームで出場すると伝えられていましたので当然と言えば当然ですが、現在ペターが2009年に他メーカーのチームで出走するというニュースはなく、残念です。アダプタはどうなったんでしょうね。果たしてペターがどこで走るにしても報酬の大幅ダウンとかスポンサー持ち込みとかしないと厳しいのかなとおもいます。
スバルのWRC終了で2009年にスバルの3台目で出場すると見られていたイギリス出身のガイ・ウィルクスも2009年のシートを探さなければならなくなったようです。 また、PWRCチャンピオンのアンドレス・アイグナーはレッドブルから突然の契約停止されるなどWRCも不況の影響をモロに受けています。 ただ、フォードは本社が再建の道を探るなかストバートも含めてWRC活動を続けると発表、シトロエンもジュニアチームを発表するなど成功を収めていれば撤退はしなかったことは明らかでやはりモータースポーツは結果が第一の世界であることを痛感します。