WRC 世界ラリー選手権2008 VOL.8 ラリージャパン
いよいよ、今週末はWRC(世界ラリー選手権)第14戦「ラリージャパン」が木曜日に札幌ドームで行われるセレモニアルスタートを皮切りに開催されます。2004年~昨年2007年までは帯広を中心に開催されてきたラリージャパンですが、今回より札幌を中心とした新しいラリーへと生まれ変わります。基本的に未舗装路(グラベル)ラリーであり、特徴は帯広開催時と似通っているとは思いますが、WRC初登場のコースなので走ってみないと分かりません。帯広に比べてリエゾン走行距離を減らしコンパクトになっています。また、WRC史上初の全天候型ドーム「札幌ドーム」を使ったスーパースペシャルステージが用意されており、世界的にも注目を集めそうです。 優勝候補は、シトロエンのS.ローブを筆頭にグラベルを得意とするフォードのM.ヒルボネン、J.ラトバラですね。グラベルでの実力はかなり伯仲しているので激しいタイム争いとなりそうな予感です。特にローブはここで3位以内に入れば、シリーズチャンピオンが決定しますので是が非でも優勝を狙ってくると思います。 2nd争いとしては、シトロエンのD.ソルド、スバルのP.ソルベルグ、C.アトキンソン、そしてマンチス・フォードから出走するH.ソルベルグあたりがしのぎを削ることでしょう。
スズキも地元メーカーとして、光る走りを見せてくれるといいですね。 PWRCも併催され、新井敏弘さんをはじめとして、奴田原文雄さん、ハンニネン、鎌田卓麻など有力ドライバーが参戦します。昨年PWRC勢を押しのけてグループNトップで優勝した田口勝彦さんももちろん参戦です。 スバルファンとしては、P.ソルベルグとC.アトキンソンの1-2フィニッシュ、PWRCで新井さんが優勝なんていうのを夢見てしまいますが、現実的にはポディウムフィニッシュできたら万々歳かな。 天候ですが、札幌は現在寒気が流れ込んでおり、非常に寒く、且つ雨が降りやすい状況のようです。ラリー期間中も不安定な天候が続くものと思われます。場合によってはみぞれや雪なんてのもありうるかもしれませんがスノーラリーになるほどではないと思います。観戦に行かれる方は、十分な防寒対策をとって望まれた方がよいと思います。 いやぁ、本当に札幌ードーム中心の開催にしておいてよかったですね。帯広のサービスパークは、雨が降ると最悪だったのですよ。札幌ドームのサービスパークは舗装されていますので、雨が降っても比較的大丈夫だと思います。 なお、私ですが、やんごとなき事情により、直前までラリージャパン観戦に行けるかどうかわからなくなってしまいました(汗) まあ、いけましたら現地からいろんなリポートをお送りしたいと思います。
WRC 世界ラリー選手権2008 VOL.8 ラリージャパン
ジェネオン エンタテインメント (2008-12-10)
売り上げランキング: 1499