ラリーアルゼンチンは二日目を終え、シトロエンのS.ローブが首位をキープ。スバルのP.ソルベルグが同僚のC.アトキンソンを交わして2位に浮上しました。 リタイアは相次ぎ、フォードのJ.ラトバラ、ストバートフォードのG.ガリ、M.ウィルソン、スズキのT.ガルデマイスター、P-G.アンダーソンが戦列を離れています。Day3での復活に期待です。
P.ソルベルグが久しぶりに好調ですね。Day2最初のSS10でC.アトキンソンを交わして2位に浮上したあともトップタイムを連発してます。S.ローブが、トラブルやミスをしない限り逆転は難しいですが、2位をキープしていれば優勝の可能性はありますので必完走ですね。 C.アトキンソンはペースダウン、4位のD.ソルドとは差がありますし、スバルが全滅しては意味がないのでひょっとしてチーム内バトル禁止のオーダーがでたかもしれません。 フォードは厳しいですね、M.ヒルボネンが何とか復活してポイント圏内に上がってきましたが、J.ラトバラは失格になりましたし、ここにきてミスやトラブルが続発してきてるのはまだ若いドライバーコンビの辛いところでしょうか。 PWRCはN.S.アルアティアが激しい2位争いを繰り広げているうちにトップも見えてきました。奴田原さんも5位につけています。 0d9b64e7.jpg
iPod touchでサービスパークのあるコルドバの天気を出してみました。日曜日も雨のようですね。 DAY2終了後暫定順位 WRC 1位 S.ローブ(C) 3:28:16.5 2位 P.ソルベルグ(SB) +1:19.6 3位 C.アトキンソン(SB) +2:08.5 4位 D.ソルド(C) +3:32.3 5位 C.ローテンバッハ(C) +18:00.1 6位 M.ヒルボネン(F) +24:44.5 20位 T.ガルデマイスター(SZ) +47:01.6 32位 P-G.アンダーソン(SZ) +1:10:59.1 PWRC 1位A.アイグナー(M) 3:53'43.7 2位N.S.アルアティヤー(S) +51.1 3位S.ベルトラン(M) +1'06.7 4位J.ケトマー(S) +2'09.6 5位奴田原文雄(M) +3'03.3 6位M.ラウーム(M) +7'59.6 7位P.サンデル(P) +9'30.1 8位A.ファラー(M) +14'35.1