FansFansのロジクールキャンペーンでWindows 8にも対応した「Touch Mouse t620」にモニターとして当選しました!色はなんとプラチナ!とりあえず、Windows 7での使用感ですが、ガラストップのテーブルでもスムーズに操作ができる好感度なレーザーと反応の良いタッチボタンで超快適なマウスでした。まだ自分のPCはWindows 7ですが当選を機会にWindows 8へのアップデートも検討したいと思います。 Windows 8対応!ロジクール・タッチジェスチャ対応最新マウス、タッチパッド、キーボード モニタープレゼント | 株式会社ロジクール | Fans:Fans □製品ページ LogicoolR Touch Mouse T620 定価は6980円ですが、実売価格はグラファイトよりプラチナの方が高いんですね。自分じゃ普通にグラファイト選んでしまいそうですが、今回は色は選べなかったんでね。でも敢えて自分が選ばないであろうプラチナが送られてきてラッキーだったと思います。 3年間補償されるものありがたいです。 □パッケージ
0bf59de1.jpg
2f1ec5f8.jpg
Logicoolらしいセンスのあるパッケージです。
6f176930.jpg
マウス本体は、プラスチックの土台に浮いたように見えるように固定されていました。
41678c58.jpg
f44fe530.jpg
パッケージから取り出した状態です。マウス本体とレシーバー、付属品となっています。マウスは裏の電池ボックスを使って土台に固定されている為に、付属品の箱の方に電池ボックスの蓋が収められていました。こういう作りは日本製品じゃなかなかしないですよね。
d5d4397c.jpg
同梱品すべてです、マウス本体、マウスの裏蓋、レシーバー、単三電池(二本)、収納ポーチ、説明書です。 □電池ボックス
37e0e693.jpg
733b7401.jpg
電池は付属の乾電池をつかってもよいのですが、エネループももちろん使えます。電池は並列つなぎになるように同じ向きで入れます。つまり、1本でも動きます。家で使う分には重くても構いませんが、モバイルで持ち歩くときなど少しでも軽くしたい場合にいいですよね。
dbb94b6d.jpg
61a35c22.jpg
蓋は、上からはめてぱちっとはめます。外すときはロックを爪にかけて上にあげれば簡単に開けれます。確実にロックができるので持ち運んでも蓋が開くことはなく安心です。 □マウス比較
14f49ecd.jpg
手持ちのBluetoothマウス、バッファローのBSMBB08と比較してみました。
84f6dd87.jpg
bf8f9e84.jpg
大きさはほとんど同じですが、バッファローのマウスの方が高さがあり、手のひらにはフィットしやすいですね。T620の方はモバイルやジェスチャーをしやすいことを意識したのか平になっていますね。
e19bf970.jpg
レシーバーです。丸いほうがBluetoothレシーバーです。下の四角いのがt620のレシーバー。BluetoothマウスならばパソコンにBluetoothが内蔵されていればいりませんが、t620のは専用のレシーバーが必要でUSBポートを1つ使ってしまいます。でも出っ張りが少ないので邪魔にはなりにくいですね。 □モバイル
35b4f248.jpg
6b13c6e2.jpg
レシーバーは電池の横のスペースに入れることができます。
a6c66f66.jpg
0f35073a.jpg
付属のポーチに入れてみました。シンプルなポーチなので他の用途にもいろいろ使えそうです。 □付属ソフトのインストール
f3f5f15d.png
レシーバーを接続したらソフトウェアをインストールするように促されます。ジェスチャーなどの設定ができるのでもちろん入れます。
0368194f.png
設定は動画も交えて解説してくれるのでわかりやすいです。 □使い勝手(Windows 7) 使ってびっくりしたのが、レーザーの感度です。我が家のテーブルはガラストップなんですが、その上でもカーソルが飛ぶことなく全然問題なく使えることですね。それぐらいの精度があるのですから通常のカーソル操作はなんの問題もありません。 左右のクリックに関しては、ボタンが分かれていなくても特に問題はないですね。 中央のホイールは、WEBなどのスクロールは自由にできて問題ないですが、一枚ずつ確実めくりたいときにはやはり物理的なホイールでカクカクと動かせた方がよいのは明らかです。この辺は難しい判断ですよね。 ジェスチャーに感しては、まず覚えるのが大変だったりw。進む、戻るぐらいを覚えたら十分かなと。 Windows 8だとチャームの呼び出しとかは覚えておいたほうがよさそうです。