日本通信 bモバイル4G Amazon.co.jp限定販売 高速定額(500MB/1ヶ月)標準SIMパッケージ BM-AMFRL-500MB日本通信 LTE対応 b-mobile 4G WiFi2ルータ SIMフリー端末 BM-AMR510WH
本日より日本通信(B-mobile)がAmazonで月額1980円で500MBの料金に対応するUSIMを3,150円で発売を開始しました。月に通信料が500MBって少ないなぁと思ったのですが、自分請求内訳からダウンロード容量を調べてみたら...99MBでした。結構使ってるヘビーユーザーだろと思ってたんですが全然でした。1GBでした。結構使ってるユーザーでしたw

※計算ミスしてましたので修正。

□ニュースリリース
日本通信、Amazon.co.jpR限定で高速定額データ通信サービスの提供を開始 |日本通信株式会社 日本通信株式会社(以下、「日本通信」という)は、総合オンラインストア「Amazon.co.jp(http://www.amazon.co.jp)」でAmazon.co.jp限定販売の高速定額データ通信SIMパッケージを購入されたお客様を対象に、Amazon.co.jp限定販売の高速定額データ通信サービスを本日から提供開始いたします。


□AmazonのUSIM販売ページ

さすがに、動画やファイルのダウンロードなどを結構しているので家のネットワークをコチラにするとなると500MBは超えそうな気がしますが、モバイル用ならばこのSIMを使って通信をするのは十分アリなのではないかと思います。b-mobileからは4Gに対応しているモバイルルーターも販売されているのでコレを利用すればランニングコストを抑えられますよ。

□AmazonのLTE対応モバイルルーター販売ページ
日本通信 LTE対応 b-mobile 4G WiFi2ルータ SIMフリー端末 BM-AMR510WH

ちなみにAmazonの場合はSIMが3,150円、モバイルルーターが29,507円ですので、初期投資額としては32,657円です。パケット定額の料金が5,000円~6,000円であることを考えると、毎月500MB以下の利用だとすると差額としては3,000円程度。つまり1年程度で初期投資分は回収できる計算です。

データ通信だけをモバイルルーターで行い、通話やSMSなどを3Gで行なえばかなりの節約になりそうですよね。前向きに検討してみたいと思います。1GB以上使うことは明らかなので、速度は遅くても容量制限のないタイプを検討した方がよさそうです。

パケット量からバイト数を計算するサイト「Packet Conversion/パケコン 手軽にパケット・バイト換算



 iTunes Store(Japan)