舞台をヴァランスから400km離れたモナコに移動して迎えたDAY4ですが、DAY3の終了時点でM.ヒルボネンに23.8s差まで詰められたP.ソルベルグはSS14こそミッコにベストを奪われるものの続く3つのSS全てでベストを叩き出し、ミッコとの差を1分以上まで拡大、2位のD.ソルドまでの差も19.1sまで縮めました。ただ、残るは最終日はたった5.16kmのパワーステージのみで順位を上げるのは難しいです。D.ソルドも十分あると余裕の感じ。ペターとしてはパワーステージでポイントを追加しておきたいところですね。 一方のトップを走るS.ローブは余裕のクルージングモード。2位のD.ソルドも 順位キープの走りをしたため差はさらに広がって2:41.6s差でDAY4を終えています。 ミッコもSS14だけ元気でしたがペターがSS15/16でペターに敵わなかった為、後は諦めて順位キープに切り替えたようです。 5位にはE.ノビコフ、6位にデルクール、今季なんとかスポンサーを見つけて出走にこぎ着けたマシューやH.ソルベルグは11位、13位と下位に低迷しており不安です。 iPhoneから送信