新フレーバーを加えて全8種類もあったんですねぇ~こんなにあるとは全然しりませんでしたよ。いつも買っているのは青や水色、グリーンですね。このあたりは定番なのか社内の売店でも販売されているんですよ。

フリスクって会議中でも口にポイっといれられるのでいいんですよ。ガムや飴は会議中はご法度ですけどフリスクはOKだったりしますし、眠い会議中でも便利なんですよね。

 

5a7ef86e.jpg

全種類ならべてみました。

上段左から、
『フリスク ペパーミント』、『フリスク スペアミント』『フリスク ユーカリミント』
中段左から
フリスク ピンクグレープフルーツミント』『フリスク オレンジミント』
下段左から
『フリスク ベリーミン ト』『フリスク ブラックミント』『フリスク ライムミント』、

ですね。オレンジミントやベリーミントは見たことがなかったなぁ~。今度ためしてみよう。

さて、新しいフレーバーであるフリスク ピンクグレープフルーツミントですが、あえて普通のグレープフルーツではなく、ピンクグレープフルーツにしたところがいいですよね。ピンク色のかわいいパッケージは男性にはちょっと持ちづらいかもしれませんが、女性には受けがよいでしょうね。

実際、妻のMARUTOも、

「このピンクかわいぃ~。食べ終わってもちっちゃいアクセサリーいれて持ち歩きたいかも。」

なんて食べる前から言ってました。ナルホドそういうのも狙っているのかw。女性ってすごい宣伝力もってますしね。いいパッケージかも。

あ、味についてですが、ピンクグレープフルーツのほのかに苦味のあるさわやかな酸味がよくでててうまく作ったなぁ~ほかのフリスクと比べてもちょっと甘めだけどわずかな苦味とフリスク感で後味はさっぱりするという感じかな。

とまあ、こんなかたいイメージなんてどうでもよいのでみなさんもぜひご自身でお試しください!どうやらコンビニなどで集中的に営業されているようでレジ横などにこのピンクのパッケージをよく見かけるのですぐ買えると思いますよ~。

当方はサイバーバズの会員です。