iPhone 4の販売に先駆けiOS 4.0がリリースされました。おそらく深夜2時ぐらいに公開されたと思うのですが、私はどうせサーバーが混んで出勤前には更新できないだろうと思っていたので今日の夜にでも更新しようと思ってましたが、朝5時前ぐらいに雷鳴で目が覚めてしまったのでそれならばと更新。Twitterのタイムラインを眺めてみても午前2時にダウンロードが進まないみたいなことは無かったようなのは意外でしたね。iPhone 4の予約トラブルでサーバーを増強しておいたのかも。 寝る前にiPhone 3GSの同期は済ませておいてありました。iOS 4.0へのアップデートは約1時間で終了。 今日のTwitterのログを見れば更新の様子を時系列で追えます。 碧 流星(@blue_meteor555)/2010年06月22日 - Twilog
3698e0ec.jpg
まだ、眠かったのでiOS 4.0のバージョンアップ対象外である初代iPod touchのTeamViewerを使って寝室で寝ながらアップデート作業をすることにしました。 まずは強制的に「更新を確認」します。
74915516.jpg
新しい iPhone ソフトウェアバージョン(4.0)が見つかるので「ダウンロードとインストール」を選択
e55f1c24.jpg
更新の内容が表示されるので「次へ」を選択
c4a410f1.jpg
使用許諾契約は「同意」をクリック
5ca320fb.jpg
ファイル容量は378MBありました。
d5bb5985.jpg
ダウンロードが終了すると本体へのインストールが勝手に始まります。
f894bfb4.jpg
更新が終わったら同期が再度行われますが、完全な同期やり直しでは無いようで比較的早く済みました。
ea151135.jpg
ちゃんとOSバージョンが4.0になっています。 ちょこっと触った限りでは、iPhone OS 3.1.3の時と比べて重くなった印象はありません。比較的スムースに動いたのにはビックリしましたね。さすがApple、iPhone 3GSでも動作スピードが鈍らないように設計してあるようです。 マルチタスクに関しては、まだまだiOS 4に対応しているアプリが殆どないので、ホームボタンのダブルタップで出てきても、直近に起動したソフトウェアがすばやく起動できるだけで停止時の状態を覚えているわけではありません。各アプリの早い対応に期待。 Bluetoothイヤホンですが、相変わらず曲送り、戻しには非対応。キーボードには対応するんだからコレぐらい対応してよといいたいところです。びっくりしたのが、音量が本体でもコントロールできるようになっています。いままで外部への出力は外部側でしか音量を調整できなかったのでこの変更には驚きました。 写真アプリには位置情報から画像を分類して表示することが出来るように。 カメラアプリは5倍のデジタルズームが搭載。 アイコンをまとめられるフォルダー機能は至極便利。アイコンとアイコンを重ねるだけでフォルダーは作れます。フォルダー名はそのアプリのカテゴリーでまずは作成されますがユーザーが自由に名前を編集できます。 ユーザー辞書も使えるようになりましたね。いままでは連絡帳をつかった簡易ユーザー辞書だっただけにこれはありがたい。WRC記事の更新が楽になります。 まあ、他にも一杯変更点はあるんでしょうけど、おいおい見て使いこなして行きたいなと思います。 [AD]iPhone 3GSはソフトバンクオンラインショップで
 iTunes Store(Japan)