b6201ef2.jpg
iPhoneにてAAC対応のBluetoothイヤホンで特定のアーティスト「Enya」の曲だけ音割れする現象が発生しました。要因を色々調べたところ、ミュージックの『音量の自動調整』機能が悪さをしていました。 低音から高音まで幅広く使うEnyaの曲では自動調整が上手く働かないようです。
□音割れ対処法 98acac3a.png
設定>ミュージック>音量の自動調整をオフにします。 □発生状況 先日レビューしたBluetoothイヤホンのJPRiDE JPA1 Mk-IIで音楽を聴いている時に発生。聴いていたのはEnyaのThe Memory of Treesで、私が音質のチェックに使っている音源です。 その他の音源は特に音割れが発生しないので、この音源独特の現象と判断しました。 □音源管理 私の音源管理ですが ・iTunesにCDからMP3の300kbpsで取り込み ・iPhone転送はAAC 256kbps です。 JPRiDE JPA1 Mk-IIはAAC対応なのでAACで転送されるはずです。 □チェック項目 今まで使っていたBluetoothイヤホン Audio Technica AT-PHA05BTとSONY XBA-3SLの組み合わせでは発生しない。 Lightning端子-Audioピン変換経由で直接SONY XBA-3SLで聴いてもも発生しない CDから直接AAC変換して転送しても発生する Amazon Fire タブレットでAACファイルをJPRiDE JPA1 Mk-IIで聴いても発生しない。 AT-PHA05BTはAAC非対応でSBCコーデックで転送されます。 Amazon FireタブレットもAACにもApt-X非対応なのでSBCコーデックでJPRiDE JPA1 Mk-IIと接続されます。 これらのことからiPhoneとAAC対応のJPRiDE JPA1 Mk-IIとの間だけで発生すると断定。 JPRiDEのサポートにも問い合わせし、リセットや再ペアリングなど試しましたが解決しませんでした。 □原因判明の経緯 イコライザー設定で音割れするというレビュー記事もあったので設定を確認。 イコライザーは不使用でしたが、音量の自動調整項目にチェックがある事を見つけ怪しいと思ったのでオフにしたところ音割れが無くなりました。 □原因の推測 なぜ、直接やSBCコーデックを経由したときに発生しないのかは謎ですがAACコーデックでの転送時とは音量の自動調整方法が違うのかもしれませんね。 Enyaの曲はごくごく小さい音から大きな音に広がるような曲が多いですし、低音から高音まで幅広く使います。音量や音質のバランスを取るのは非常に難しい音源なのかなと感じました。 □まとめ iPhoneとJPRiDE JPA1 Mk-IIの組み合わせでEnyaの曲だけで音割れが発生するという特殊な状況でしたが、原因が解ってスッキリしました。 音楽を聴くときは元の音源をデジタル的にいじくり回すことなくそのまま聴くのが一番いいと言うことを実感した次第。 余裕があればロスレス、更にはハイレゾに移行して行くのが良いんでしょうね。 4000円しないJPRiDE JPA1 Mk-IIですがEnyaも含めて非常にクリアに高音は繊細に低音はダイナミックに中域はハッキリと落ち着いて聴かせてくれとても満足しています。オススメです。 □購入 音質チェックに使った音源