a7ee3fe9.jpg

小学2年生の次男がプログラムを組みたいというのでichigojamを検討していましたが、本屋にプログラムの本を一緒に見に行ったところScratchがよさそうだということになりました。本を読むのもそこそこに、オリジナルのプログラムを作り始めたりと、いい滑り出しができたかなと思います。

□公式ページ
Scratch - Imagine, Program, Share

本屋でみつけたのは『いちばんはじめのプログラミング ~Scratch(スクラッチ)で、作る楽しさ、考える楽しさをそだてる Scratch2.0対応~』という書籍でした。

とにかくかわいいキャラクターが表紙にあり、低学年でもわかりやすそうなことがわかります。内容も分かりやすくとりあえず読んだ通りにやってみればちゃんと動くようになっています。

Scratchですが、基本はWEB上で動くプログラムとなっているのですが、無料の登録が必要で、IDとパスワード、生年月日や保護者のメールアドレスなどを登録します。

保護者のメールアドレスに確認メールが届くのでメール内のURLを開けば設定完了です。

オフラインでも使えるようになっているようです。

□Scratch関連書籍