マインクラフトの出来るノートPC選びの続報です。HP Envy 15 K000を最終候補にしていましたが、Amazonで見かけたASUS N550JKの方がよいような気がしてきました。

□関連ページ
日本HP Envy15 k000(spec:envy15-k000dp.pdf
ASUS N550JK(spec:N550JK-CMI7BR.pdf

□Windows8.1のジェスチャー対応
Envy 15の良さはタッチパッドがWin8.1のジェスチャー対応だからだったんですが、N550JKはそもそもタッチパネル対応なので、タッチパッドが専用でなくても問題なくむしろ直感的に操作できるので好都合。というかもともとタッチパネル対応でフルHDなノートPCを探していたのですから最適な一台です。

□グラボ性能
両PC共にGeForce GTX850Mを搭載しており、ノートPCとしてはそこそこのグラフィック性能の用です。ただし、Envyはグラフィックメモリーを4GB搭載しておりN550JKの2GBの2倍の容量と有利。

□CPU性能
Envy15はCPUがi7 4510UなんですがこれはノートPC用で低消費電力になっておりi7なのに2コアでi5程度の性能しかありません。グラボがせっかくGTX850MとミドルクラスなのにCPUが足を引っ張る可能性がありました。

一方のASUS N550JKは i7-4700HQでこちらは4コアのハイスペックCPUです。もっとも消費電力はi7-4510の3倍ありますが基本コンセントにつないで利用するので問題ありません。

□光学ドライブ
光学ドライブについてもEnvy 15が2層のBlu-rayまでの対応で、ASUS N550JKは4層のBD-XLの書き込みまで対応しています。

□メインメモリー
Envy 15の16GBに対してASUS N550JKは中途半端な12GBとやや少なめですが現在主流の8GBよりは多く十分な容量が確保されています。

□HDDドライブ
HDDドライブについてもEnvy15は8GBのメモリーを搭載した1TBのハイブリッドHDDに対してN550JKはノーマルの1TB。速いドライブに越したことはないですがHDDはノートPCといえど換装しやすいパーツの一つなのでどうしてもという場合は変えてしまえばOKかなと。

□無線LAN
無線LANについてもEnvy15が最新のac規格まで対応していますが残念ながらシングルなので最大速度は433Mbpsとn規格の300Mbpsと比較しても1.5倍程度しか速くありません。N550JKはn規格までなのですが、USB無線LANでac規格を追加することも可能なのでほぼ同等にまで性能向上は可能です。(内蔵無線LANボードも換装しやすいパーツの一つ)

□まとめノートPCはCPUやグラボ、光学ドライブ、液晶パネルなどは交換できませんが、無線LANやHDDドライブなどは比較的容易に追加したり交換できたりしますのでCPUやグラボで選択すればよいのかなと思います。

□おすすめ
ミドルクラスのゲームノートPCとしてバランスのよい性能を有するASUS N550JK

ac規格対応のUSB無線LANドングル

ライバルのHP Envy15 k000

icon
icon