パイオニアの楽ナビの2014年の最新機種が発表されました。楽ナビにリモコンと音声検索機能が復活し、ついにBluetooth(PANプロファイル)やUSBケーブルを介してネットにつなげられるようになりました。2013年以前のモデルと比較してかなりの性能向上であり相当な人気がでることは確実ではないでしょうか?

□関連ページ
「高性能×使いやすさ」をさらに磨き抜いた カロッツェリア メインユニットタイプの『楽ナビ』 9機種を新発売 | 報道資料 | ニュース | パイオニア株式会社
楽ナビ | カーナビ ・カーAV(carrozzeria) | パイオニア株式会社

新機能で気になった部分をちょっと紹介
○Bluetooth(PAN)接続に対応:
今まではBluetooth接続といってもDUNプロファイルというダイアルアップに近い接続方法しか対応していなかったのですが、iPhoneなど最新のスマホで採用されているPANプロファイルにようやく対応しました。スマホと直接テザリングが可能なのでスマートループや音声検索がネット経由で簡単にできるようになりました。

○スマートコマンダー:
過去の楽ナビにはリモコンがついていたので復活。スティックとダイヤルと4つのボタンで構成されコンパクトになっています。ワイドタイプのAVIC-RW09には右サイドにスマートコマンダー的な操作パネルがついています。エアージェスチャーも一応搭載されていますが初期設定ではOFFになっているようです(次のモデルでは消えそう…)

○フリーワード音声検索機能:
過去の楽ナビは本体機能で行っていましたが、ネット経由で音声認識し検索する機能になっています(要ネット接続)

○マルチウェイスクロール:
地図移動もドラッグやフリックに対応しスマホと同じように地図が操作できるようになっています。

○アイドリングアッテネーター:
アイドリングストップを検知すると音量を絞る機能。アイドリングストップすると車内は静かになりますので便利。エコにもなります。

○ドライブレコーダー:ND-DVR1
同時に発表されたドライブレコーダー「ND-DVR1」と連携して機器の設定や録画された画像を再生できたりします。旧楽ナビにも対応して欲しいところです。

□残念なポイント
○Lightning端子搭載iPhoneに非対応
対応するiPhone、iPod接続ケーブル(CD-IUV51M)は30pinドックコネクタの仕様のものでApple社製「Lightning - 30ピンアダプタ」を使用しても音声のみでiPhone 5以降は本体での動画再生に非対応となります。サイバーナビはLightningに対応してHD動画再生もできることから残念でなりません。当然CarPlayにも非対応。
carrozzeria | iPhone、iPod接続情報

○音声認識コントローラー:
「スマートコマンダー」には音声認識ボタンが見当たりません。カスタムボタンがあるので音声認識を割り当てることができれば使えるのかもしれませんが…。ハンドルに取り付けられるアダプターもなさそうです。

かつてAVIC-DRV120に接続していた音声認識コントローラー「CD-SR5」はハンドルに取り付けられて音声認識だけでナビをコントロールできたのでかなり便利でした。

○Wi-Fi接続に非対応
ようやくBluetoothのPANプロファイルに対応しテザリングでの利用がやりやすくなったもののWi-Fiは非搭載で高速な通信には非対応のままです。スマホもLTEで150Mbpsなど高速な通信が当たり前となっていますし、マップ更新などは高速な自宅のWi-Fiなどに接続して車のなかだけで完結できたりできれば便利なだけに残念です。

□まとめ
私が最初に買ったカーナビである楽ナビは2003年発売のAVIC-DRV120でした。この楽ナビは上位のサイバーナビとほぼ同等のCPU性能やGPS性能を持ち、タッチパネルだけでなくリモコンやハンドルリモコン、音声認識まで搭載しており非常に満足度の高いカーナビでした。

現在、自分は車を買い替えたことを機に後継のAVIC-MRV009購入しました。残念ながらこの楽ナビは、それまでの楽ナビLite以上楽ナビ以下という性能で音声認識やリモコンなどが省かれてしまいエアージェスチャーという新たな機能は入ったものの使い勝手ではAVIC-DRV120に及ばない部分が多くありました。

また、渋滞情報などを取得できるスマートループを取得するにも専用通信モジュールかガラケーや古いスマホにしか搭載されていないBluetoothのDUNプロファイル接続でしか利用できず。古いスマホ経由でiPhoneのテザリングを利用するなどという面倒なことをしています。

参考:【レビュー】iPhoneやAndroidのテザリングで無料でスマートループを使えるようにする方法 Part2:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009: 碧き流星

今回の2014年モデルはその不満を一気に解消すべくフルモデルチェンジしたようです。楽ナビLiteから決別し真の楽ナビになりました。2013年モデルはやすくなるでしょうがこれだけバージョンアップしていれば少々高くても2014年モデルを買うべきです。これを2年前に出してほしかった…。

次のフルバージョンアップではWi-Fiの搭載やCarPlayへの対応に期待したいですね。
□購入
AVIC-RL09(8V型液晶搭載ラージサイズメインユニットタイプ)

AVIC-RW09(200mmワイドメインユニットタイプ)

AVIC-RZ09(2D(180mm)メインユニットタイプ)

パイオニア iPod用USB変換ケーブル CD-IUV51M(ナビとの接続にはPioneer USB接続ケーブル CD-U420も必要)