スバルに先行展示されていたので見にきました。展示車は1.6L GTでした。

写真や動画より実物はメッチャ
カッコイイですw

フロントはインプレッサというかWRX、リアビューはレガシィツーリングワゴンに似てます。ワイドなので安定感があります。

900a0f10.jpg

1.リアビュー

a39729ee.jpg

2.ホイールカバー

0e6c9e87.jpg

3.インパネ。中央にCMで使われたレボーグのシルエットが見えます。

e192b9c8.jpg

4.Dの形のハンドル。

12be8d75.jpg

5.パワーウィンドーなどのスイッチ類

0c5c4d6c.jpg

6.Eyesight Ver3.0とSI-DRIVEの設定ボタン

79cc3edb.jpg

7.ハンドル左下のボタン(なんだろ?)

5123b99f.jpg

8.純正ナビはパナソニックのストラーダが専用パネルにて装着されるようです。

055d9ac7.jpg

9.ナビの上にもインフォメーションの液晶があります。

image.jpeg

10.シフト周り。シフトはもちろん本革でシフトブーツも革。パーキングブレーキもレガシィ同様に電動式です。

ドリンクホルダーはレガシィ同様にスライド式の蓋をオープンすると現れます。エクシーガもインプレッサもこのタイプですがこの位置のドリンクホルダーは運転中の視界から外れているのでとても使いにくいです。ステラ/ムーブのように窓側のエアコン吹き出し口の下あたりに設けてほしい限りです。

79cbfc4e.jpg

11.燃料口。スバルで丸い蓋なのは珍しい気がします。

39e03c0c.jpg

12.センターコンソールの裏にはUSBコンセントがあります。

f77cd837.jpg

13.リアシートの中央のアームレスト(ドリンクホルダー付)

2bdb3132.jpg

14.リアシートは電動ボタンで前に倒れます。

34e56557.jpg

15.リアビュー。最近のスバルのデザインアクセントになっているコの字型のテールランプが特徴的です。

c36507b2.jpg

16.スバルマークの上が僅かに尖っていてウェストスポイラーぽいデザインアクセントになっています。

33311734.jpg

17.トランク。エクシーガのトランクほどではないですがわずかに傾斜がついていました。バンパーからはフラットなので積み下ろしは楽ですね。もちろん、トランク下にも収納があります。スペアタイヤは無く、パンク修理キットが搭載されていました。

393eb61f.jpg

18.トランクルームの左右ホイールハウスの後ろ側のスペースを利用した収納スペース。ネットが張ってあるので小物を入れておくのに便利そう。

b0327a2a.jpg

19.タイヤはDUNLOPのSP SPORT MAXX 050。インプレッサもWRXもDUNLOPを履くようになりました。スバルの車ってスポーティーグレードはブリヂストンのPOTENZAというイメージが強かったのですが最近は違ってきたようです。ちなみに前載っていたインプレッサスポーツワゴンHX-Sも今載っているエクシーガ 2.5i Spec.BもPOTENZAが標準タイヤです。

23c9d6e9.jpg

20.1.6GTのホイールはアルミホイール+ホイールカバーで構成されていて空力に配慮されているように思います。1.6GT-Sや2.0GT,GT-Sはアルミホイールのみ。

b4b30d98.jpg

21.リアのサイドから。アンテナは最近はやりのシャークタイプ。

b82b4769.jpg

22.フロントから。写真で見るより実物の方がカタマリ感があって迫力がありカッコイイですよ。

68161595.jpg

23.リア全景

6483cb06.jpg

24.エンジンルーム。レヴォーグの中では最低グレードの1.6GTですがちゃんとエンジンカバーがついています。

1.6GTの燃費は17.4km/Lですが、同じエンジンながらビルシュタインダンパーや18インチホイールを履く1.6GT-Sの燃費は 16.0km/Lと1.4km/Lも減っています。これは、装着パーツの違いにより車輛総重量が30kg重くなっていることが要因ですね。1.6GTでも 電動の8ウェイパワーシートを付けると16.0km/Lに燃費が下がると記載されています。車重が燃費に与える影響が大きいことが良くわかります…無駄な ものは積まないように

SUBARU : 車種紹介 > レヴォーグ:スペック
■以下のメーカー装着オプションを装着した場合、次のように諸元値が変わります。
注1:車両重量/車両総重量:助手席8ウェイパワーシート装着車は+10kg。
注2:燃料消費率:オプション装着により車両重量が1530kg以上となった場合は16.0km/L。

□まとめ
営業マンによるとかなり予約は順調なようでした。この1.6Lターボエンジンはスバルの2.5L NAエンジンに変わって、燃費とパワーを両立したメインエンジンになる可能性を秘めていると思いますので、試乗車が出てくるのを楽しみに待ちたいと思います。次のハイブリッドはこのエンジン+モーターという可能性だってありますし。