c167b7dd.png

iOS7.1がリリースされましたので手持ちのiPhone 5に早速インストールしました。ユーザーインターフェイスの改良やCarPlayの対応などがメインになっていますが個人的に気になるのはバッテリーの問題。酷い時は60%以上の残量があるのにシャットダウンする時もあったほどで20%以下になったらすぐにシャットダウンしそうな状況と思っていたほどです。

とりあえず、今日過ごしてみましたが、20%以下、10%以下なった時に出るメッセージがちゃんとでて1%まで粘ることは確認できました。ただ、バッテリーの減りの速さは変わっていない気がします。ま、もうしばらく様子を見る必要がありそうです。

e3fc10d1.png

1.Wi-Fi接続環境になるとインストールが出来ます。

b2b4f508.png

2.”同意する”を選ぶとインストールがスタートします。

1f5bd5d7.png

3.バージョンが7.1になりました。

CarPlayに関しては車両メーカーだけでなく、ナビやオーディオメーカーの参入にも期待ですね。単純にiPhoneとのインターフェイスを取るだけの仕様を定めただけなのでライセンス料は払う必要があるかもしれませんが需要はあるような気がします。

iOSの標準のマップのカーナビ機能が従来の専用ナビのレベルにあるかどうかというと、現時点ではGPSやマップマッチング機能の精度を始めとして、渋滞考慮やスマートループなどを利用したり、駐車場情報や道路の幅情報、有料/無料の使い分けなどを利用したルート作成などは無いので専用のナビのレベルには到底到達していないと考えます。

もちろん、全く使い物にならないかというとそうではなく、普通に実用的なレベルではあると思いますが…。

専用ナビとの共存を図るために、通信環境の提供(テザリング)やサーバーサイドの音声認識機能を使ってナビ側にその認識結果を受け渡すような部分でCarPlayが活躍すれば車輛メーカーやカーナビメーカーが共に便利になるのではと思います。

?