iPhone 3GSからiPhone 5にしてから1年をちょっと過ぎたところですがiOS7にしてからバッテリーの減りが早くなった印象があり、11月頃からははバッテリー残量が20%以上あるのに突然シャットダウンしてしまいバッテリー切れの表示がでて再起動できないという現象が発生していました。ネット上でも結構報告されていたのですがどうやらiOS 7のバグっぽいようです。

□関連記事
バッテリー残量30%でiOS 7端末がクラッシュするバグをAppleが修正予定 - GIGAZINE
ちょっと待って! バッテリー残量がまだあるのに電源が落ちる件に続報 | マイナビニュース

自分の場合は酷い時は60%以上バッテリー残量があっても突然シャットダウンする場合もあり、ほんの少し充電して起動すると残量が60%前後残っているという不思議な状態でした。

iPhone 3GSのころに比べてデータ通信料が飛躍的に増え毎月数GB程度使っているのでバッテリー劣化だと思っていました。

あんしん保証パック(i) | モバイル | ソフトバンクには加入しているので85%はキャッシュバックされる為、事実上1,200円程度でバッテリー交換ができるのでやってしまおうと思っていたところでした。

iOS7.1のリリースはまだ先で3月頃とのことですが、できればこのバッテリー不具合はすぐにでも修正してほしいところです。