碧き流星 2nd 《デジタル家電レビューブログ》

スバルのレックスVX、インプレッサSW HX-S、エクシーガ2.5i spec.B Eyesightと乗り継いできた碧 流星が送る車やガジェット、デジタル家電のレビューが中心のブログです。ココログより引越しして来ましたので2ndなのです。

2013年08月

【WRC】第9戦 ラリー・ドイツがまもなく開催 #wrcjp #rxwrc

世界ラリー選手権の第9戦ラリー・ドイツが今週末開催です。久しぶりのターマックラリーとなりますので、S.オジェはもちろんターマックを得意とするシトロエンのD.ソルドに期待が高まります。

また、フォードの若手T.ヌービルもターマックの方が得意と楽しみです。逆にグラベルを得意とする、J-M.ラトバラやM.ヒルボネン、M.オストベルグらはどこまで上位に食い込めるかが勝負になりそうです。

ちなみに、シェイクダウンではJ-M.ラトバラがトップタイム、2位がD.ソルド、3位にT.ヌービルでした。ドイツはターマックであるためこの結果は出走順には関係しません。

□公式サイト
World Rally Championship Official Page
World Rally Championship - Results:Results
□情報サイト
WRC速報!! ラリーXモバイル / RALLY-X mobile(PC版)
ラリー専門ウェブサイトRALLY PLUS.NET
□iOSラリー情報アプリ
iRallyiRally World Rally Championship Intercontinental Rally Challenge (WRC 2011 & IRC, Motorsport and Motor Sport, not F1, MotoGP or NASCAR!) - Crown House Media
□iOSおすすめラリーゲームアプリ
WRC: The Game - MILESTONE s.r.l.WRC: The Game - MILESTONE s.r.l.:WRC公認
Rally Master Pro 3D - FISHLABSRally Master Pro 3D - FISHLABS
Cubed Rally Racer - nocanwinCubed Rally Racer - nocanwin
Tiny Cars - IRIX PTY LTDTiny Cars - IRIX PTY LTD

【レビュー】iPhoneやAndroidのテザリングで無料でスマートループを使えるようにする方法:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009

パイオニア製のカーナビでリアルタイムで渋滞情報やお出かけ情報を取得できるスマートループをAndroid端末経由でiPhone5などテザリング可能な端末を使って接続することができるようになりました。もちろん、パケット定額の範囲内で使えるので安心して通信が出来ます。

我が家では楽ナビAVIC-MRZ009とiPhone5、Panasonicのコミュニケーションビューワー UN-W700(要アプリインストール)を使用しましたので手順を公開しておきます。おそらく、他の機器の組み合わせでも可能だと思いますので参考になればと思います。

※2014年1月10日追記
妻が機種変更してSoftBank 101SH(USIMなし)が手に入ったのでUN-W700に代わって
楽ナビBlutooth DUN⇒SoftBank 101SH⇒iPhone 5 Wi-Fiテザリング
と繋いでスマートループが利用できるようになりましたので下記のレビュー(画像付)も参考にしてください。
【レビュー】iPhoneやAndroidのテザリングで無料でスマートループを使えるようにする方法 Part2:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009: 碧き流星

※2016年4月17日追記
DUNプロファイルに対応したモバイルルーターのAterm MR04LNを購入し、0SIMを契約したので維持費0円でスマートループはとても簡単に使えるようになりました。
【レビュー】モバイルルーター Aterm MR04LNでスマートループを接続する方法:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009: 碧き流星

続きを読む

【レビュー】実用性に美しさを加えたモバイルHDD:ロジテック LHD-PBL05U3WH #minpos

みんぽすさんより、モバイルHDDの「ロジテック LHD-PBLU3シリーズ」をお借りすることが出来ましたのでレビューしたいと思います。今回お借りしたのは500GBのホワイトモデル【LHD-PBL05U3WH】に なります。見た目のデザインの良さはロジテックの得意とするところですよね。500GBのHDDは2.5インチHDDを採用するので薄く軽くできています し、外装はラバーで内装には衝撃吸収材がHDDを包み込んでおり高い耐久性をもっているので何かと危険が多く他の人の目にさらされるモバイルHDDとして はベストの製品に思います。

17511-302-293252

□製品ページ
LHD-PBLU3 - ロジテック株式会社

□パッケージ

16da1f52.jpg

パッケージは黒一色にロゴのみというシンプルなものになっていて中身が何なのかわかりません。でも、この手の商品を買う方は何かは分かっているでしょうから問題は少ないかもしれませんね。

2493f0ae.jpg

パッケージを開けると白いHDDが段ボールに囲まれて登場

29a7bf29.jpg

裏側にはケーブル

e004cb0b.jpg

HDDの他に説明書も折れないようにに段ボールで包まれていました。最近の商品では説明書はむき出しで入れられていることも多いのでこの配慮は嬉しいですね。

□本体

69a55ca4.jpg

本体です。所有している10000mhAのモバイルバッテリーに近いサイズですが、こちらの方が軽くて持ち歩きには不便しませんね。

本体も非常にシンプルなデザインになっています。側面のディンプルも右サイドのプラスチック部分もデザイン上のアクセントになっていていい感じです。文字類も表面にLogitecロゴと小さく製品名、裏面にシリアル番号などの小さいシールが貼られているのみと最小限に留めている印象です。

27003507.jpg

右側面に端子があります。専用端子ではなくUSB3.0規格のmicroUSB端子になっています。

a90120a3.jpg

付属のUSBケーブルをつないだところです。本体のデザインが美しいので白いケーブルであっても良かったかな。

HDD側はL字になっているので邪魔になりにくいです。普通にUSB3.0規格のケーブルなので断線などの時は市販のケーブルにすぐに調達ができます。もちろん、USB2.0のmicroUSBケーブルでも使えますのでケータイの充電用ケーブルでも代用できます。

しかし、常にケーブルは持ち歩きますし忘れたり紛失する危険性があるのは辛いのでケーブルは本体に収納できるとよりありがたいかも。

e8bdbaac.jpg

ロジテックさんのご厚意で別売りのY字ケーブル(CB-USB3Y-030)もお借りしました。1つのUSB端子で電力が足りない時には別売りのY字ケーブルで2つのUSB端子から電力を供給することが可能です。 こちらは、USB3.0仕様のY字ケーブルでLHD-PBLU3/LHD-PBMU3シリーズに使えます。付属のUSBケーブルの代わりに利用できます。手前側は通信に使い、奥のUSBが電力供給に使われます。

2cd4758f.jpg

一方でこちらはUSB2.0仕様のY字ケーブル(CB-USB2Y-030)です。先端がmicroUSBではなくminiUSBとなっているのでLHD-PBLU3/LHD-PBMU3シリーズには使えませんのでご注意ください。

□WindowsPCと接続

dbaa6c8e.jpg

PCに繋ぐと端子側の上部は半透明のプラスチックの下のLEDが発光し動作状況を教えてくれます。LEDが目立たないデザインになっていていいですね。

残念ながら我が家のPCはUSB2.0までしかないのでフルスピードでは接続できませんが、ごく普通に外付けHDDとして認識されすぐに利用できました。

USB3.0やWindows8のUASP機能によりUSB2.0 の3倍となる高速転送も対応していますしMACにも対応しているので汎用性、将来性は高いですね。

□まとめ

このHDDを見た時にまず思ったのが機能美ということばがぴったりのデザインですね。ラバー素材はもともと滑りにくいですがシボ加工があって指への 掛りがよくなっていてます。そして、持った瞬間軽い!という印象を受けました耐衝撃を謳っているととかく頑丈になって重たくなるのかと思いきや予想以上の 軽さに驚きました。ただ単に衝撃吸収材を巻けばよいという発想ではなく最低限の材料で最大の効果を上げるように形状(フローティング構造)が工夫されてい るのが良くわかります。

容量重視の方は、「LHD-PBMU3シリーズ」が最適なんでしょうが、どうしても分厚く、デザインもモッサリしてしまいますので、個人的にはモバイルなら2.5インチHDD採用の500GBモデルがベストと感じました。

500GBあれば内蔵SSDで容量の少ない、Winodws8タブレットのお供に最適だと思います。残念ながら我が家にUSB3.0がないので チェックできませんでしたが、USB2.0でも個人的に十分で問題なし。

上にも書きましたがケーブルは本体に収納できるとすぐに使えますし忘れたり紛失したりという危険がないので次期製品にはお願いしたいです。

17511-302-293252

□購入
500GBホワイトモデル

500GB ブラックモデル

1TB ホワイトモデル、1.5TB、2.0TBもあります。

1TB ブラックモデル

【スバル】BRZ、エクシーガ、プレオが一気にマイナーチェンジ。BRZはSuperGT鈴鹿で初優勝!

盆があけたら、スバルが一気に三車種もマイナーチェンジを発表しました。そして、SuperGTではBRZ GT300がポールtoウィン!レガシィB4からスイッチしてからの初優勝です。

まずはマイナーチェンジ情報から。
BRZは初のマイナーチェンジが実施です。かなり前から出るぞ出るぞと噂になっていたSTIがチューンするtS、フル装備のSが新たに設定され、カスタマイズベースのRSも選べる設定が増えたようです。

SUBARU BRZを改良
SUBARU BRZ「tS」を発売

続いてエクシーガ。F型になります。E型からの変更はカラーリングのみで仕様には変化はなさそうです。私が3末に購入したspec.Bは特別仕様から標準モデルに格上げ。さらにspec.BのカラーバリエーションとなるSパッケージが特別仕様として追加されています。spec.Bがフロントグリル、ドアミラー、ホイールがブラック塗装だったのに対してSパッケージはシルバー塗装になっています。盆明けにスバルで実車を見ましたがspec.Bがスポーティーに振っているならSパッケージは高級寄りに振った感じの印象です。特別仕様とはいえspec.Bと設定価格は同じなので好みに応じて選べそうです。

スバル エクシーガを改良あわせて特別仕様車「2.5i EyeSight S Package」を発売

ダイハツ ミラ イースのOEM車であるプレオ プラスもダイハツと同時にマイナーチェンジされ、燃費がガソリン車トップの33.4km/Lになりムーブ/ステラに続いてスマートアシストが設定されました。他社で採用されている急ブレーキ時にハザードを点滅させるエマージェンシーストップシグナルも採用されてより環境と安全に対応した車になっています。エマージェンシーストップシグナルは古い車でも追加設定できたら良いのになぁ?

スバル プレオ プラス改良

最後にSuper GT鈴鹿でついにBRZ GT300が予選トップから優勝しました。レガシィB4からスイッチしてから初優勝です。レガシィB4も初優勝は鈴鹿。1000kmもの耐久レースで強さを発揮するのはBRZになっても変わらなかったようです。かなり熟成が進んできたので今後も活躍が期待できそうです。

Rd.5 決勝GT300:最後の試練もチーム一丸で克服! SUBARU BRZ R&D SPORTが初優勝 | SUPER GT OFFICIAL WEBSITE

今日はニュースが多かったのでまとめてアップw

iPhoneから送信
‾‾‾‾‾‾‾‾


【車】一ヶ月点検と赤外線カットフィルム施工:スバル ステラ L Limited SA

ステラの一ヶ月点検をスバルの空いている盆休み明け直ぐを狙ってお願いしました。点検ついでにエクシーガ同様に赤外線カットフィルム施工もお願いしました。軽自動車は空間が狭く直ぐに日射の影響を受けて室温が上がってしまいエアコンがなかなか効かないのでその対策です。

施工箇所はフロントガラスを除く全面です。本当はフロントもお願いしたかったのですが透過率が下がってしまうので無理とのことでした。
一ヶ月点検は点検パックで無料。全く異常なしでした。フィルム施工は38,000円でした。
戻ってきた時には既に日が傾き始めていたのでまだ効果は分かりませんがエクシーガは効果を実感しているので期待です。

c321decb.jpg

代車は同じステラのカスタム スマートアシスト付きでした。ターボ無しモデルだったのでエクステリアだけが大きな違いと思っていましたが、メーターがタコメーター付きだったり内装がブラック基調だったりと印象がかなり男性向けになってました。

c79e85da.jpg

メーター類。速度計の左にタコメーター、右側に燃料計が配置されていてスポーティーな雰囲気に。

image.jpegimage.jpeg

運転席右側のドリンクホルダーとスイッチ類

カスタムはブラックパネルで統一されています。ドアの内パネルの色もブラック。ボタン類の配置は当然ながらL Limitedの方が見やすいですね。

image.jpegimage.jpeg

センターコンソール(左がカスタム、右がL Limited)

エアコン周りが艶ありのブラックパネルでその周辺がシルバー系カーボンルックパネルでスポーティーになってます。
L LimitedもカスタムもCVTにマニュアルモードはなくS(スポーツ)モードとB(ブレーキ)モードがあるのみですね。

1bfd9057.jpg

結構驚いたのがハンドルの質感です。我が家のL Limitedもカスタムも本革なのですがLimitedと比べてカスタムはしっとり感がありキメが細かい本革で手にさらに馴染む感じでした。

ターボ付きはMOMOステですしステラ/ムーブはグレードによって全てハンドルが違うということになります。また、チョッとしたことですがウィンカーのカチカチ音もカスタムの方が低い音で落ち着いた感じになっています。

ダイハツは各グレードに明確にターゲットを絞って採算性よりユーザーの好みに合わせて細かい仕様を決めているようです。
‾‾‾‾‾‾‾‾

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 【レビュー】Android GoにmicroSDを内部ストレージ化:BLACKVIEW A60
  • 【レビュー】Android GoにmicroSDを内部ストレージ化:BLACKVIEW A60
  • 【レビュー】Android GoにmicroSDを内部ストレージ化:BLACKVIEW A60
  • 【レビュー】Android GoにmicroSDを内部ストレージ化:BLACKVIEW A60
  • 【レビュー】Android GoにmicroSDを内部ストレージ化:BLACKVIEW A60
  • 【レビュー】ラベルライターはスマホで操作する時代: #ピータッチキューブ #brother
  • 【レビュー】ラベルライターはスマホで操作する時代: #ピータッチキューブ #brother
  • 【レビュー】ラベルライターはスマホで操作する時代: #ピータッチキューブ #brother
  • 【レビュー】ラベルライターはスマホで操作する時代: #ピータッチキューブ #brother
アーカイブ
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
みんぽす