IMG_0980
DELL XPS13 2in1の最後のレビューは手持ちの2in1であるLenovo IdeaPad Miix310との比較です。

デルアンバサダープログラムに参加しています。

モデルは一つまえの「XPS 13 2-in-1 プラチナハイエンド QHD+タッチパネル」です。




□本体比較
IMG_0655
天板。Miix310は分離型なのでこちらが裏面になりWindowsロゴなどがあります。XPS13 2in1は内側になる面なのでシンプルにロゴのみです。

IMG_0656
底面。Miix310はキーボードの裏目になります。XPS13 2in1の方もキーボードの底面ですが、タブレットモードでは内側に。

どちらも排気口はありません。DELLの方は認証ロゴなどは中央のパネルの下に記載されていてデザインにこだわっているのがわかります。

IMG_0657
サイズ比較。Miix310の液晶サイズは10.1インチでXPS13  2in1は13.3インチと1.3倍もの差がありますが液晶サイズほど外形差はありません。

□ノートパソコンスタイル
FullSizeRender
ノートパソコンスタイルだと内側がブラック同士ということもあり非常によく似ていますね。

XPS13 2in1の狭額縁がハイエンド感がでて凄いです。

FullSizeRender
キーボード。Miix310は5段、XPS13 2in1は6段。6段あるととても打ちやすいです。

□タブレットスタイル
FullSizeRender
Miix310は分離型、XPS13は360度回転型。持つときの重量的にはMiix310が圧倒しますが、外したキーボードをどうするのか問題は発生します。

IMG_0664
液晶の淵の幅の差が凄いです。

IMG_0665
下側はカメラやヒンジがあることもあってほぼ同じ幅となってます。

□性能比較

FullSizeRender

CPU性能はPassMarkベンチマークの結果でみるとダブルスコア。さすがプレミアムなXPSのタブレットです。 とはいえXPS13は同じCore i7ですが4コアのハイスペック版なので更に倍のスコア。

□重量
XPS13 約1.23kg
XPS13 2in1 約1.24kg
Miix310 本体のみ 0.58kg
Miix310 キーボード込み 1.1kg

Miix310 は分離出来るのは強みですかね。


□液晶
液晶サイズが違うので単純比較はできませんが、XPS13 2in1 は13.3inch 3Kで、miix310は10.1inch 2Kです。

どちらも、視野角が広く美しい液晶です。

XPS13 2in1 は4Kとまでは行きませんがカナリの高解像度なので細かい作業をするには便利です。

XPS13は非光沢液晶のシネマディスプレイで映り込みが少なく見やすかったので、XPS13 2in1 にも採用して欲しかったかな。

光沢液晶はパッと見には綺麗に見えますが映り込みがあると魅力半減なので非光沢が正解に思います。実際、映画館のスクリーンも家庭用テレビも非光沢ですし。

□まとめ
自己所有の格安 2in1 タブレットと比較してみましたが、同じ2in1でも360度回転タイプとデタッチャブルでは使い方が変わってきますね。

私はタブレットモードでは殆ど使わないのですが画面を向かい側に居る人に見せるときは液晶部だけ外して渡せるのはとても便利だと思ってます。

一方で回転タイプはノートパソコンとタブレットを行き来する時にとても便利に思いました。ノートパソコンスタイルの時の安定感も外での使い勝手に寄与します。

マシンの性能は、コストとのバーターなので比較というより用途とお財布事情次第かなと。

オフィス系ソフトとブラウジング、動画視聴ぐらいならどんなパソコンでも使えます。

XPSシリーズは高級機なので2in1と言えど高性能なので不満は少ないのではないかと思います。

□購入