FullSizeRender
Amazon Fire HD 8にケースを付けました。4,980円で買ったタブレットにコストはかけたく無かったのでAmazonで最安値の899円のHKkaisのケースをチョイス。

意外にもしっかりした作りでしたし、保護フィルムやタッチペンまで付いて超お得でした。
□開封
IMG_9918
チャック袋に入ってました。

IMG_9920
Amazonの紹介文には何も書いていませんでしたが、保護フィルムとタッチペンも入ってました。

IMG_9921
ケース蓋のマグネット位置にクリップ貼り付けてみました。開閉用とスタンド用、スリープオンオフ用でしょう。

IMG_9922
当然ですがFire HD 8がぴったり。

2016(第6世代)/2017(第7世代)/2018年(第8世代)に対応します。

IMG_9927
スピーカー側には穴が開いてます。閉じたまま音楽を聴くなどする時には重宝しそうです。

IMG_9929
右側は切り欠きがありMicroSDカードが出し入れ出来ます。

IMG_9933
閉じたところ。

IMG_9938
反対側。蓋はマグネットで固定されるのでしっかりと閉じます。

IMG_9939
カメラ部分もぴったり。

IMG_9941
ケース正面。

IMG_9943
裏側

FullSizeRender
スタンドを立てた状態。

IMG_9931
スタンドを寝かせた状態

FullSizeRender
蓋の部分を三角に折り畳んでスタンドにするのはiPadと同じ。マグネットでくっつくのでしっかり維持されます。

IMG_9958

スタンド時の重心バランスもよく新幹線の中でも倒れることはありませんでした。

□まとめ
Fire 7は何も付けず100均のスリーブケースに入れて必要な時だけ持ち歩いていただけなんですが、Fire HD 8は思いのほか動作が軽くて動画や電子書籍を見るのに毎日使いたいと感じたのでケースを付けることにしました。

選んだ基準は、とにかく安いこととスタンドになること、軽いことでした。

候補に上がったのは2種で1つ目は縦横回転させられるケース(1,500円)でもう一つが今回購入した風呂蓋タイプ(899円)。

縦横回転できるのは、縦位置で使う時に便利なんですが、回転機構が入るのでやや重め。

縦位置では電子書籍を見たりブログ書いたり見たりになるので、手に持って操作することが多いと考え横位置スタンドのみでも大丈夫と判断しました。

純正のケースは軽く縦横対応なんですが4,980円で購入したタブレットに3000円のケースはアンバランスな気がして却下です。

という事で、899円のケースになりました。どうタイプのケースは1000円オーバーなのも多いのですがこちらが最安値でした。カラバリも多いので好みに合わせて購入出来るのもいいかと思います。

このケースですが、最安値な上に保護フィルムとタッチペンまで付いていてかなりお得。タッチペンの反応はあまり良くないのでオマケ程度ですね。

ケースとしてはとても良く、マグネットがしっかりと効くので、蓋もしっかり閉じれますし、スタンド状態もしっかり保持できるのが素晴らしいです。

今のところ安かろう悪かろうという感じではなくコストパフォーマンスはかなり高いケースと思います。おススメです。


□購入